苦しんでいる女性は本当に多い!「月経前症候群」

毎月のマミーのセレモニー…の前の妨害、「月経前症候群」の季節が今月もやってきました。当時はからきし意識していなかったのですが、僕は学生のうちから月経前症候群の実態が出ています。大人になるにつれ、どっさりひどくなりました。ちょうどメンス日取りお日様の1~2ウィーク前から実態が出始めます。何をするにもメランコリー、億劫になる、ジリジリが止まらない、無気力が止まらない。普段できることが何一つできなくなるのです。これが情けなくて、みじめで、悔しくてたまりません。現在ではのほほんと、「生理前の実態だから仕方がないか」と思い、ファミリーもできるところは手法を抜いたり、男や幼児に甘えたりしています。但し、何となく耐え難いのは賢く店舗の役回りの手法を抜くケース。否、お年収をいただいている以来、そんなことをしてはいけないのですが…。非常勤ということもありますが、絶えず全力で役回りに取り組んでしまうのです。但し、月経前症候群のことは男性の方はもちろん、女性にも苦しんでいる方にしか依然わかってもらえない現状です。そのため店舗ではずいぶん無理をしてしまいます。益々うまく、ずるうまく生きたほうが得なのに…。と遅まきながら自分の損な持ち味に参ってしまいますが、ある意味十八番、ということにしておきます。キレイモの脱毛料金は格安です

私とミンティアの戦いの日々 “

私は現在、毎日ミンティアを食べています。そしてい1日に一つは容器を開けてしまいます。

食べすぎだろ!それ依存症だよ!と感じる方もいるかもしれませんが、大丈夫、依存症ではありません。前にやめようと思ったら、あっさりやめられました。

では、そんな私が何故毎日毎日ミンティアを食べているのか。それは、眠気のせいです。履歴書を書いている

春眠暁を覚えず、という言葉があります。意訳すると、春は眠くて朝になっても起きられないよね~という意味です。千年前くらいに生きていた人もそう言っているのだから、やはり春は眠たい季節なのです。

何もこれは私だけではないはず。高校の授業中なんて、机の上に沈没している頭を、特に野球部の坊主頭で、よく見かけます。
でも、そろそろ毎日ミンティアを食べるのは、財政にき厳しくなってきました。次はどうやって春の眠気と戦うか。

カフェインを摂取するという手もあるのですが、私はカフェインに至極敏感なので、カフェインを下手に摂取するとテンションが上がりすぎて気持ち悪くなるのです。す。カフェイン以外の方法で、どうやってミンティア離れしつつ春の眠気と戦うのか。それが私の目下の悩みで